東洋文化の交差点、シンガポールへ

Food

バクテー「骨肉茶」

ローカルフード人気no1「肉骨茶」バクテー

「肉骨茶」という名を持つこの料理は、シンガポールのローカルフードの代表格。豚肉のスペアリブを、ニンニクやスパイスとともに煮込んだ料理です。長時間煮込まれたスープは旨味に溢れ、口の中でホロホロくずれるお肉はたまらないおいしさ。ほどよく効いた胡椒も食欲をそそります。コクがあるのにさっぱりしている、何とも不思議な魅力を持った味です。 バクテーは白いご飯や揚げパンを注文して、一緒に食べるのが一般的。スープの中の独特のスパイスが食欲をそそるため、ご飯や揚げパンを食べるペースもどんどん進みます。

チキンライス「海南鶏飯」

ローカルフード人気no2シンガポールチキンライス

シンガポールのローカルフードといえばまずこれを思い浮かべる人も多い、国民的料理。漢字名は「海南鶏飯」と書きます。日本でチキンライスといえば、ケチャップ味のご飯に細切れの鶏肉を混ぜものを思い浮かべますが、シンガポールのそれはまったく別物。鶏肉を茹でた後で、そのダシのスープでご飯を炊き、ぶつ切りにしたチキンを添えたものがシンガポールの定番です。別のお椀で、スープも一緒に出してくれますよ。

チリ・クラブ「Chilli crab」

チリ・クラブ(Chilli crab)

シンガポールのごちそうといえばこれ。
カニにチリとトマトをベースにしたソースをからめたもので、ピリ辛なのに甘酸っぱくて濃厚な味の料理。お皿と一緒についてくるカニの殻割り器を用いて、パチンパチンとリッチな身を取り出していきます。 プリプリしたジューシーな蟹肉は、チリソースの甘辛さにピッタリ。最後に残ったチリソースには、中国風の揚げパンやフランスパンを浸して、最後までしっかり食べ尽くすのが通の食べ方です。

フライド・ホッケン・ミー「炒福建面」

フライド・ホッケン・ミー「炒福建面」

福建地方の人々が伝えた海鮮焼きそばで、シンガポールのローカルフードの中でも、日本人の味覚に最もマッチすると言われる料理です。塩味のダシでエビやイカやモヤシとともに麺を炒めており、あっさりしたおいしさが人気。麺は黄色の太麺(ホッケン・ミー)とビーフンを合わせたものを使っています。 フライド・ホッケン・ミーを頼むと、ライムとチリサンバルが付いてきます。塩味の効いた面の上にライムをしぼり、少しずつチリサンバルを混ぜながら食べると、ほどよく刺激的な味になります。

クエ・パイティー「Kueh Pie Tee」

クエ・パイティー(Kueh Pie Tee)

クエ・パイティーは別名「トップ・ハット(シルクハットの意)」とも言われる、可愛い前菜です。名前のとおり、帽子をさかさまにしたようなタルト風の小さなカップの中に、千切り大根の甘煮や小エビ、錦糸卵などが入っています。 エビの上にはチリサンバルがかけられており、ほんのり甘い具と、ピリ辛なチリとの絶妙なハーモニーを味わえます。サクサクしたタルトの器と中身の相性が良いうえに、見た目も華やかで写真映えは抜群。華やかな装飾を好んだ、ニョニャたちの感性が活かされた料理です。プラナカンはお正月にこの瀟洒な料理を食べていたそうです。今ではシンガポーリアンたちに、おかずのみならず手軽なおやつとしても親しまれています。。

Menu